各種栄養素の解説、栄養管理の基礎、状況に合わせた栄養管理方法など

栄養管理ガイド

栄養素・栄養管理について

3大栄養素について

私たちは、生命を維持し、
健康に生活するためにいろいろな食べ物を摂取しています。

食べ物はたくさんの食品が組み合わさっていて、
色々な栄養素からなっています。

主な栄養素である

脂質、
炭水化物、
たんぱく質、
ビタミン、
ミネラル

などの中で

脂質、
炭水化物、
たんぱく質

を3大栄養素と呼びます。

この3大栄養素は
食べ物の摂取量が多く、
たんぱく質と炭水化物は1gあたり4キロカロリー、
脂質は1グラム当たり9キロカロリーの割合で
私たちが生きていく上で重要な
エネルギー源となっていて体を支えています。

また食べ物を化学的に分けると
3大栄養素は酸素、炭素、水素、チッソといった
細胞のおもな構成している物質の供給源であり、

炭水化物と脂質はCHOを、
たんぱく質はCHONを
主に含んでいることから
ビタミンとともに有機化合物であり、
有機栄養素とも呼びます。

脂質、炭水化物、たんぱく質は、
お互いにバランスを取りながら調整していて、
過剰な炭水化物やたんぱく質は
脂肪となって体内に蓄積されます。

また炭水化物が分解して出来る糖質が不足すると、
肝臓のグリコーゲンを分解してブドウ糖となり、
たんぱく質を分解して
ブドウ糖になって補っています。

UP▲

~栄養管理ガイドへ

Copy right(C)
栄養管理ガイド
All Rights Reserved.